国家一般職(高卒)の基礎能力試験は何から勉強する?出題傾向や対策方法を解説

国家一般職高卒者試験の勉強方法 (1)

本記事は、国家一般職(高卒者試験)の基礎能力試験を効率よく・・・・対策したい人向けの内容です。

  • 基礎能力試験は何から勉強すればいいの?
  • 基礎能力試験の勉強方法は?
  • 基礎能力試験の出題傾向は?

こんな悩みを解決します。

結論からいうと、基礎能力試験を効率よく進めたいなら過去の出題傾向を踏まえた勉強方法がオススメです。

過去の出題傾向とは、簡単に説明すると、

  1. 配点の高い科目と低い科目の選別
  2. 出題範囲の理解

という勉強の方向性を決めるために必要なデータのことです。

勉強ができない人ほど出題傾向を無視してメチャクチャに勉強しているんですよね。それだと…どんなに時間があっても合格点を取ることはできません。

そこで本記事では、基礎能力試験を効率よく勉強する手順から出題傾向を知る方法まで具体的に解説しています。

やり方を間違えずに取り組めば、勉強が苦手でも充分に対策できます。本記事に書いてあることを実行しつつ勉強していきましょう。

国家一般職(高卒者試験)の出題範囲を公開

タップできる目次

国家一般職(高卒者試験)の基礎能力試験とは?

基礎能力試験とは、受験者の計算力や読解力を測る「一般知能」と、これまでに学習してきた基礎学力を測る「一般知識」で構成される筆記試験です。

まずは傾向を3つ紹介します。

5分野21科目から出題

僕自身、公務員試験を受験して大学職員として働いていますが、総じて大変だったのは「科目数が多すぎる」ということです。

これまでにあなたが経験した中学・高校入試なら5科目~7科目ぐらいですが、国家一般職(高卒者試験)の試験科目は5分野21科目もあるんですよね…。

国家一般職(高卒者試験)の試験科目

分野試験科目
数的処理数的推理
判断推理
空間把握
資料解釈
文章理解現代文
英文
古文
社会科学政治
経済
社会
倫理(思想)
人文科学日本史
世界史
地理
国語
英語
自然科学数学
物理
化学
生物
地学

問題自体は中学~高校レベルなので大したことないですが、科目数は高校・大学入試の3倍近くもあります。

これだけの科目を勉強しなくてはいけないので、計画をきちんと立てて勉強を進めましょう。

なお、科目の特徴や問題例を以下の記事でまとめています。初めて受験する人は参考にしてください。

速答が求められる

試験時間は90分です。

対する問題数は40問もあるので、1問あたりにかけられる時間は3分もないですね…。

こんな問題を3分かけずに解けますか?

国家一般職高卒程度の過去問(判断推理)
(判断推理)
国家一般職高卒の過去問(資料解釈)
(資料解釈)

複雑な問題も含め、すべての問題をこの時間内で解ききることは、簡単なことではないですよね。

実際に、基礎能力試験で時間が足りずに問題を解ききれない人は少なくありません。

マークシートへの記入や見直しの時間も考えると、テンポよく解答していくことが必要になってきます。普段の勉強から時間配分を意識しておくなど、十分な対策をとっておくことが必要です。

合格点は6割程度

試験科目は多いですが、高得点は必要ありません。ボーダーラインは6割程度です。

21科目もの量を勉強して、合格点が8割、9割なら無理ゲーですが、6割ぐらいなら出題傾向を理解して正しく勉強すれば十分に取れますよ。

国家一般職(高卒者試験)のボーダーラインは以下の記事でくわしく解説しています。あとで確認してみてくださいね。

以上が、基礎能力試験の傾向です。

高校・大学受験に比べると試験科目が倍増するので、科目の多さに手こずることがあります。これまでの受験勉強とは少し違った工夫が必要なので、次に対策方法を紹介しますね。

国家一般職(高卒者試験)の基礎能力試験を効率よく勉強するポイントを解説!

基礎能力試験の科目数はハンパないため、行き当たりばったりで進めるのはNGです。

ここでは、僕自身が意識していた勉強のポイントを紹介します!

優先順位をつける

国家一般職(高卒者試験)の試験科目は多いですが、配点(問題数)はバラバラです。

なので、適当に勉強を進めるのではなく、どの科目から勉強すれば点を伸ばしやすいか考える必要があります

余談ですが、僕は理系科目が苦手だったので物理や化学から勉強していました。でも、どちらも1問しか出なかったんですよね…。一方で、数的推理や判断推理の出題数は5問~6問ほど。明らかに勉強する順番を間違ってました(苦笑)。

配点が低い科目にどれだけ時間を使っても総合点は上がりません。少しでも効率よく勉強を進めたいなら、この科目選択が今後の勉強効率を大きく左右します。

以下に科目ごとの配点(問題数)をまとめているので、どの科目から勉強するのか優先順位をつけてみましょう。

国家一般職(高卒者試験)の配点

試験科目令和2年令和3年令和4年
数的推理444
判断推理555
空間把握222
資料解釈222
文章理解777
政治222
経済221
社会112
倫理111
日本史111
世界史222
地理222
国語222
英語222
数学111
物理111
化学111
生物111
地学111
本試験問題より作成

すべてを勉強して中途半端になるよりも、まずは出題数の多い科目を確実に正解することが大切です。

その他の科目はメイン科目に一区切りがついた段階でやればOK。

特化して情報で対策する

ちょっと意外と思うかもですが、合格点を取りたいなら一般論で勉強してはダメです。ここでいう一般論とは、どの試験でも共通していえることを指します。

たとえば、次の2パターンがあったとします。

Aパターン

国家一般職の数的推理は「速さ分野」がよく出る

Bパターン

公務員試験の数的推理は「速さ分野」がよく出る

どちらのパターンで勉強すべきでしょうか?

効率よく勉強したいならAパターンですよね。「国家一般職で出るのは速さ」だと断定しているわけですから。

Bパターンは「公務員試験全体で速さが出やすい」って話なので、他の試験がそうだとしても国家一般職に当てはまるとは限りません。

しかし、多くの受験者はBパターンの思考で勉強してしまっています。

これは仕方のないことでして…、基本的に予備校や参考書、ネットの多くが一般論(Bパターン)で解説しているからです。

もちろん、本記事のように国家一般職(高卒者試験)に特化して解説しているなら問題なしですが、世の中に多く出回っている一般論を鵜呑みにして勉強しても…コスパが悪いので注意してください。

国家一般職(高卒者試験)の出題範囲がまるわかり

復習に重点をおく

また、勉強において重要なのは先に進むことよりもどれだけ復習をしたかということです。

復習するタイミングですが、僕は勉強した箇所は3日連続で見るというルールで覚えていきました。要するにその日に解いた問題は短いスパンで3回見るというものです。

1日目問題1〜10をやる
2日目問題1〜10を見直して、問題11〜20をやる
3日目問題1〜20を見直して、問題21〜30をやる…

とくに重要なのが翌日の復習

勉強した次の日に復習しないだけで一気に知識の定着が悪くなります。記憶の法則で有名なエビングハウスの忘却曲線でも人間の記憶力は翌日にガタ落ちすることが立証されていますからね。

最初のうちはけっこうシンドイですが、1カ月ほど続けてみれば結果が見えてくるので、反復練習を意識して勉強していきましょう。

国家一般職(高卒者試験) 基礎能力試験の出題傾向を知る3つの方法

基礎能力試験を効率よく勉強するには出題範囲の理解がとても重要です。

「数的推理が何問出た」とか「社会科学を捨てると落ちる」などの一般的な情報は、予備校の説明会に参加したり、ネットで探したりすれば無料で発掘できます。

でも、肝心の「何をどこまでやればいいのか」といった国家一般職(高卒者試験)に特化したデータはまったくでてきません。

そこで、ここでは国家一般職(高卒者試験)の出題範囲を知る方法を3つ紹介します。

▼出題範囲を知る方法まとめ▼


自力
資格の大原 - YouTube
予備校

note
価格2,000円10万円〜1,980円
分析
年数
3~5年予備校
次第
10年分
教材
指定
自由予備校
次第
指定あり
詳細詳細詳細
出題範囲を知る方法比較

1 自力で過去問を分析する

こういった市販されている過去問集を購入。

そして、自分が使う教材に合わせて自力で出題傾向表を作成します。

メリットデメリット
費用が抑えられる(2,000円程度)
手取り早く過去問を入手できる
自力で分析する手間がかかる
初心者には難しい
分析できる年数が少ない
誤った分析をしてしまうリスク

費用は過去問集代だけなので負担は少ないです。

しかし、最新の問題以外は科目別に集約されています。また、全問は載っていないく、良問がピックアップされているだけなので出題傾向を理解するには不十分です。

科目知識のない初心者が傾向分析しようとすれば、「この問題は数的かな?判断かな?」と、間違って分類してしまう危険性もありますよ。

一通り勉強して、総仕上げに利用するには最適な1冊ですが、何から勉強すればいいの?と悩んでいる人にはキツイかもです。

2 予備校を利用する

公務員試験対策に定評のある予備校を使うことで、効率的に傾向を知ることができます。

メリットデメリット
情報量が多い
分析済みのデータが入手しやすい
誤った分析をしてしまうリスクが少ない
費用が必要(数万円〜)
講座・講義にも出席が必要
予備校によって情報量が違う

公務員試験を専門に扱っているため、情報量は多い傾向にあります。そのため、過去問や傾向が多く手に入りやすいです。

しかし、授業料や教材費などの出費が必要(10万円~20万円)。

また、予備校によって情報量やサポート面に差があるので入会前に規模を確認することが大事。

3 noteを活用する

過去10年間(2013~2022年実施)の出題を科目別・分野別に分類して、オリジナルの出題傾向表をnoteで公開しています。

メリットデメリット
過去10年間の出題傾向が丸わかり
分析済みのデータが入手できる
誤った分析をしてしまうリスクが少ない
費用が抑えられる(1,980円)
使う問題集が限定的
完璧主義の人には不要

出題傾向表を見て、繰り返し出題されている科目・分野から勉強すればOK。逆に出題がない分野は見る必要すらないので、「どこを勉強すればいいんだろう…」と悩む心配がありません。

ただ一つだけ欠点があります。それは勉強するテキストに「オープンセサミシリーズ」を推奨していること。

▼オススメの使用教材▼

編集:東京アカデミー
¥1,760 (2022/12/27 15:54時点 | Amazon調べ)

というのは、これらのテキストの目次をもとに出題傾向表を作成したためです。なので、オープンセサミを使えば目次と出題分野がリンクしているので並行学習が可能ですよ。

使う(使おうと思っている)参考書がセサミでない場合は効果をフル活用できませんが、効率よく勉強を進めたい方はぜひ役立ててほしいです。

国家一般職(高卒者試験)の出題範囲がまるわかり

国家一般職(高卒者試験)の出題傾向を理解して対策を始めよう!

今回は、国家一般職(高卒者試験)の基礎能力試験を効率よく勉強するなら出題範囲の理解が大事という話をしました。

基礎能力試験の問題は、高校までにきちんと勉強してきた人からすれば、それほど難しいわけではありません。

それなのに多くの受験者が悩んでいるのは、試験科目が多いからです。1科目あたりの出題範囲も広いので、出題範囲を理解して効率よく勉強することが大切です。

出題範囲を知る方法はいくつもありますが、早めに把握することで遠回りをせずに勉強できます。そうすれば、科目・範囲ともに膨大な基礎能力試験の勉強は、これまでよりずっとラクに合格点を超えるようになると僕は考えます。

まずは科目ごとの出題範囲を理解する。そこから始めていきましょう!

国家一般職(高卒者試験)の出題範囲がまるわかり

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

公務員試験の指導を12年間やっています。新卒で大手専門予備校に就職→公務員課で5年間勤務、在職中に公務員試験を受験するも不合格→退職→公務員試験の勉強→国立大学法人、政令市、市役所に合格→現在、某大学の職員として7年目。 2018年6月からサイトを運営中。普段はカフェで珈琲飲んでます。

タップできる目次