【合格者は採用数の約1.7倍】東京消防庁消防官の採用人数の推移

東京消防庁消防官の採用人数の推移
本記事でわかること
  • 東京消防庁消防官の採用人数(最新年度)
  • 東京消防庁消防官の採用人数(過去の推移)
  • 東京消防庁消防官の合格者数との比較

※1類~3類のデータをまとめています。

タップできる目次

【東京消防庁消防官】採用人数の推移(最新~過去)

東京消防庁の公表資料をもとに、採用試験の採用予定人数をまとめています。

※掲載年度:2013年~2022年

2022年(令和4年実施)

1類(1回目)1類(2回目)2類3類
2305050180

最新の実施状況(倍率)は「【過去〜最新の実施結果】東京消防庁消防官採用試験の倍率推移」でまとめています。併せてご覧ください。

なお、過去の採用人数の推移は以下のとおり。

過去の採用人数

1類(1回目)1類(2回目)2類3類
2021310100220
20201101104080
20191406060130
20182505080230
20172108040200
201625010080230
2015280150110250
2014270150110240
2013260140110230

【東京消防庁消防官】合格者数は採用人数の約1.7倍

本試験では辞退者や退職者などを見越して採用予定数よりも多く合格させる場合があります。

では、いったいどのくらいの余剰があるのでしょうか。

年度によって余剰人数は違いますが、過去9年間の平均は1.7倍ほどです。

採用予定人数実際の合格人数
20137401,215
20147701,170
20157901,314
2016660941
2017530783
2018610954
2019390876
20203401,339
2021630728

ここ最近では、2019年や2020年のように2倍以上の合格者数を出すときもあれば、2021年のようにほとんど出てない年もありますね。

あまり余剰人数に期待せず、採用予定人数の中に入れるよう準備しましょう。

試験内容や対策法は以下の記事を参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

公務員試験の指導を12年間やっています。新卒で大手専門予備校に就職→公務員課で5年間勤務、在職中に公務員試験を受験するも不合格→退職→公務員試験の勉強→国立大学法人、政令市、市役所に合格→現在、某大学の職員として7年目。 2018年6月からサイトを運営中。普段はカフェで珈琲飲んでます。

タップできる目次