東京消防庁採用試験の倍率推移と採用人数【最新から過去まで徹底解説】

東京消防庁の倍率推移
悩んでいる人

・東京消防庁の採用人数は?
・東京消防庁の競争倍率はどれくらなの?
・東京消防庁に合格するには何から対策すればいいの?

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • 東京消防庁の採用人数の推移
  • 東京消防庁の倍率・受験者数・合格者数の推移
  • 東京消防庁に合格するための対策方法とポイント

本記事では、東京消防庁採用試験の採用人数や倍率について、最新年度から過去の推移まで詳しくまとめています。

合格に必要な対策方法やポイントについても解説しているので、これからの試験対策に向けた具体的な手段がわかりますよ。ぜひ参考にして、準備を始めてくださいね。

対象区分:消防官(一類、二類、三類)

\ すぐに倍率が知りたい人はここをタップ /

タップできる目次

東京消防庁採用試験の採用人数

年度によって採用人数は変動します。これは、採用計画が変更されたり、過去の試験結果(辞退者など)から必要な人員を見直したりするためです。

以下で詳しく解説します。

採用人数の推移

令和5年度に実施される東京消防庁の採用人数は、全区分(一類~三類)を合わせて630人を予定しています。これは前年度の510人から大きく増えており、過去5年間で最多となっています。

詳細は以下のとおりです。

実施年採用予定数
2014770
2015790
2016660
2017530
2018610
2019390
2020340
2021630
2022510
2023630

一類、二類、三類別

実施年一類
(1回目)
一類
(2回目)
二類三類
2014270150110240
2015280150110250
201625010080230
20172108040200
20182505080230
20191406060130
20201101104080
2021310100220
20222305050180
2023310140180

以上の表からわかるように、東京消防庁の募集人数は比較的安定しており、直近3年間で大きな変動はありませんでした。

えもと

2023年度は二類の募集がない分、一類(2回目)の人数が大幅に増えています。

東京消防庁消防官採用試験の倍率推移

東京消防庁採用試験は、全国の消防官志望者が受験する公務員試験の一つです。

そんな人気のある東京消防庁の倍率は、過去10年間で20.7倍(2017年)を記録したこともあります。しかし、2022年に実施された令和4年度の試験では、倍率は下がる傾向にありました。

以下で詳しく解説します。

令和4年度(2022年実施)の倍率

令和4年度に実施された東京消防庁消防官採用試験の倍率は、全区分(一類~三類)を合わせて6.6倍でした。これは前年度の12.8倍から大きく下がり、過去最低を更新しています。

詳細は以下のとおりです。

区分受験者数合格者数倍率
一類
(第1回)
3,3563649.2
一類
(第2回)
1,2521876.7
二類1,0322923.5
三類2,7424286.4
合計8,3821,2716.6

》一次試験と二次試験の倍率は東京消防庁は筆記重視?一次試験と二次試験の倍率を徹底解説!でまとめています。

過去の倍率推移

全体(一類~三類の合計)

過去10年間の東京消防庁採用試験の倍率推移を見ると、以下のようになっています。

年度倍率受験者数合格者数
201317.020,7541,223
201416.919,8751,178
201514.819,5881,323
201619.218,299952
201720.715,817765
201814.714,175963
201914.112,477884
20207.19,4921,343
202112.89,434736
20226.68,3821,271
*一類〜三類の合計

過去最高の倍率は2017年度の20.7倍で、基本的に10倍を超える高倍率が続いていました。

採用人数より合格者は多いの?

東京消防庁では辞退者や退職者などを見越して採用予定数よりも多く合格させる傾向があります。年度によって余剰人数は違いますが、平均1.7倍ほどです。とはいえ、あまり余剰人数に期待せず、採用予定人数の中に入れるよう準備しましょう。

一類

実施年受験者数合格者数倍率
20136,32939016.2
20145,89239015.1
20155,08542412.0
20164,83736513.3
20174,89027917.5
20184,57240711.2
20193,8614418.8
20202,9764376.8
20212,8353957.2
20223,3563649.2

》Next:東京消防庁採用試験に合格するには?

二類

実施年受験者数合格者数倍率
20134,46617226.0
20143,36315521.7
20154,38616127.2
20163,8609939.0
20171,6695232.1
20181,57412113.0
20191,53815010.3
20201,7302626.6
20211,86110218.2
20221,0322923.5
2023募集なし

》Next:東京消防庁採用試験に合格するには?

三類

実施年受験者数合格者数倍率
20136,19642714.5
20147,20740617.8
20157,14849614.4
20166,82937018.5
20176,91334719.9
20186,50036817.7
20195,72320927.4
20204,0055227.7
20214,67823120.3
20222,7424286.4

》Next:東京消防庁採用試験に合格するには?

【対策方法】東京消防庁採用試験に合格するには?

東京消防庁は倍率が高いため、合格するためにはしっかりとした対策が必要です。

これから対策を始めるためのポイントを3つ紹介します。

  1. 教養試験は効率よく勉強する
  2. 論作文を軽視しない
  3. 面接対策は時間をかけて行う

教養試験は効率よく勉強する

東京消防庁の教養試験は、18科目から構成されており出題範囲が広範囲にわたります。

例えば、数的推理や判断推理は出題数が多いですが、日本史や世界史はほとんど出ません。それなのに日本史や世界史ばかりに時間をかけるのは非効率ですよね。

だからこそ、やみくもに勉強を進めるのではなく出題傾向を理解して効率よく勉強することが大事です。詳しい傾向や勉強方法を【勉強法】東京消防庁採用の教養試験とは?試験科目と出題傾向を解説で解説しています。

論作文は軽視しない

論作文試験は教養試験と違いどう対策したらよいか悩むため、多くの人は対策を後回しにしてしまいがちです。僕自身、そうでした。

しかし、東京消防庁の合否を分けるのは間違いなく論作文です。なぜなら、筆記試験の点数が低いのに合格しているケースが多々あるからです。

文章構成や出題傾向の確認、書いた答案の添削と修正など、論作文対策はかなりの時間がかかるので、できるだけ早めに準備を始めるといいでしょう。詳しい傾向や過去問は【過去問あり】東京消防庁の論作文で落ちる理由は?傾向と対策方法を解説でまとめています。

面接対策は時間をかけて行う

あなたがこれまでに経験してきた入学試験(高校・大学入試)や資格試験では、単純な学力だけが問われ、知識を詰め込んでいれば合格が狙えました。

しかし、東京消防庁に最終合格するには個人面接で好成績をとらなければ、筆記試験が満点でも不合格となるのです。

面接では、自分自身の強みや魅力を的確にアピールできるように面接練習を行い、自分自身を客観的に見つめ直すことが大切です。

面接試験の傾向や対策方法は東京消防庁の面接試験で落ちる人の特徴は?過去の質問や傾向で解説しています。

以上のように、東京消防庁に合格するためには、効率的な勉強方法を取り入れると同時に、論作文や面接にも時間をかけて取り組むことが大切です

まとめ|東京消防庁採用試験の倍率は高いけど合格者は多い!

今回は、東京消防庁採用試験の倍率と採用人数をまとめていました。

過去10年間の平均倍率が15.3倍と、他の公務員試験と比べて高い傾向にあります。しかし、本気で合格を目指して対策する人が少ないことや予定の採用人数よりも多くの合格者を出すことを考えると、倍率ほど恐れる試験ではありません。

倍率にこだわらず、一問でも多く教養試験の問題を解く、一枚でも論作文を書く、面接対策として志望動機を考えるなど、合格に向けて行動を始めてくださいね。

まずは、対策に多くの時間を要する教養試験の攻略からやっていきましょう。詳しい傾向や勉強方法は【勉強法】東京消防庁採用の教養試験とは?試験科目と出題傾向を解説を参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

公務員試験の指導を12年間やっています。新卒で大手専門予備校に就職→公務員課で5年間勤務、在職中に公務員試験を受験するも不合格→退職→公務員試験の勉強→国立大学法人、政令市、市役所に合格→現在、某大学の職員として7年目。 2018年6月からサイトを運営中。普段はカフェで珈琲飲んでます。

タップできる目次