【大卒程度】名古屋市消防局採用試験の倍率は?実施結果を徹底解説

名古屋市消防の倍率

もっとも知りたいデータの一つ競争倍率。

なぜ、競争倍率はそんなに知りたい情報なのでしょうか。

それは、どのくらいの人が受験し、合格したのかを知ることで難易度をある程度測はかれるものが「競争倍率」だからです。

“倍率=難易度”とストレートには言えませんが、客観的な難しさを知るうえでは把握しておくべきデータなんですよね。

そこで本記事では、名古屋市消防局採用試験の倍率について、最新年度から過去の推移まで詳しくまとめています。

えもと

対象は一類(大卒)向けです!

実施状況を把握して、合格に向けて準備を始めましょう。

*合格に向けて準備を始めたい方は『名古屋市の消防官になるのは難しい?採用試験対策ロードマップ』をご覧ください。試験の全体像を網羅したガイドブックです。

タップできる目次

令和5年度名古屋市消防局採用試験の倍率は?

令和5(2023)年度名古屋市消防局採用試験の最終倍率は3.5倍でした。

試験区分受験者数合格者数倍率
消防357人102人3.5
令和5年度名古屋市消防局採用試験の実施状況

【参考資料】令和5年度夏実施試験 第1類、免許資格職採用試験実施状況

この結果は、データの残っている平成25年度以降で最低の低さとなっています。

えもと

続いて、これまでの倍率推移を紹介します!

名古屋市消防局採用試験の倍率推移

過去(これまで)の名古屋市消防局採用試験の倍率推移は次のとおり。

実施年受験者数合格者数倍率
令和5年3571023.5
令和4年286555.2
令和3年324784.2
令和2年302754.0
令和元年285358.1
平成30年3663610.2
平成29年441607.4
平成28年428488.9
平成27年4514210.7
平成26年568688.4
平成25年662758.8
名古屋市消防局採用試験の倍率推移

データを見ての通り、平成30年度の10.2倍をピークに倍率は低下傾向にあります。特に最近の数年間でその減少が顕著です。

名古屋市消防局採用試験の一次試験倍率

名古屋市消防局採用試験の一次試験倍率は1.5倍~2倍程度です。

実施年受験者数合格者数倍率
令和5年3572801.3
令和4年2861352.1
令和3年3242031.6
令和2年3022311.3
令和元年285953.0
平成30年366933.9
平成29年4411403.2
平成28年4281183.6
平成27年4511054.3
平成26年5681613.5
平成25年6621654.0
名古屋市消防局採用試験の倍率(一次試験)

一次合格者は、教養試験の点数が高い順に決定します。

教養試験は科目・範囲ともに膨大です。なので、出題傾向を把握して効率よく勉強することが大事。

名古屋市消防の教養試験について、詳しくは次の記事で解説しています。

名古屋市消防局採用試験の二次試験倍率

名古屋市消防局採用試験の二次試験倍率は1.5倍~2倍程度です。

二次試験は、一次合格者全員を対象に個人面接(1回目)を行います。さらに、その合格者のみ2回目の面接と体力検査を受験し、最終合格を決定します。

二次試験1回目の倍率

実施年受験者数合格者数倍率
令和5年2801801.6
令和4年135921.5
令和3年2031391.5
令和2年2311471.6
令和元年95601.6
平成30年93601.6
平成29年140901.6
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
名古屋市消防局採用試験の倍率(二次試験1回目)

二次試験2回目の倍率

実施年受験者数合格者数倍率
令和5年1801021.8
令和4年92551.7
令和3年139781.8
令和2年147752.0
令和元年60351.7
平成30年60361.7
平成29年90601.5
平成28年118482.5
平成27年105422.5
平成26年161682.4
平成25年165752.2
名古屋市消防局採用試験の倍率(二次試験2回目)

最終合格者は個人面接や一次試験に実施した論文を総合して決定します。

なので、最低でも面接や論文で評価を取れないと筆記試験の点数が高くても合格できません。注意してください。

まとめ:倍率は低下傾向でも油断は禁物

今回は、名古屋市消防局採用試験(大卒)の倍率を徹底紹介しました。

最新(令和5年度)の倍率は3.5倍です。これは過去1番の低さとなっています。

とはいえ、試験内容は筆記試験以外にも論文や面接など幅広いです。倍率が低いからといって油断していては合格できません。

計画性をもって準備・対策を始めていきましょう。

今回は以上です。

タップできる目次