【過去〜最新の実施結果】愛知県警察官採用試験の倍率推移(男女別)

愛知県警察官採用試験の倍率

愛知県警志望者がもっとも知りたいデータの一つ競争倍率

競争倍率はなぜそんなに知りたいデータなのでしょうか?

それは、どのくらいの人が受験し、合格したのかを知ることで愛知県警合格への難易度をある程度はかれるものが「競争倍率」だからです。

倍率=難易度とはストレートにはいえませんが、客観的な難しさを知るうえでは把握しておくべきデータなんですね。

本記事では、過去〜最新の倍率推移を男女別にまとめています。現状を把握して対策を始めていきましょう。

タップできる目次

愛知県警察官採用試験の実施結果(受験者数・合格者数・倍率)

愛知県警察官採用試験の実施結果(受験者数・合格者数・倍率)をまとめました。

愛知県警察本部警務課採用センターの公表資料をもとに実質倍率(受験者数÷合格者数)をまとめています。
対象はA区分(第1回、第2回)、男女別に掲載。
※B区分(高卒程度)を受験する方は「警察官採用候補者試験実施結果」をご覧ください。

男性警察官A

※第1回(5月試験)、第2回(9月試験)

第1回

年度受験者数合格者数倍率
20131,3762994.6
20141,1692774.2
20151,1883223.7
20161,2482934.3
20171,1122814.0
20189902853.5
20198112343.5
2020中止
20216402003.2
20225861983.0

第2回

年度受験者数合格者数倍率
2013566658.7
2014448676.7
2015429636.8
2016400626.5
2017309506.2
2018253327.9
2019219395.6
20205652112.7
2021254465.5
2022178

女性警察官A

※第1回(5月試験)、第2回(9月試験)

第1回

年度受験者数合格者数倍率
2013288466.3
2014282476.0
2015356566.4
2016360576.3
20173262712.1
20182782511.1
2019258367.2
2020中止
2021196395.0
2022195702.8

第2回

年度受験者数合格者数倍率
20138499.3
201498128.2
2015147403.7
201694127.8
2017105442.4
201887108.7
201976184.2
2020176434.1
202166154.4
202250

愛知県警の倍率は気にする必要なし

今回は愛知県警察官採用試験の倍率をまとめていました。

結果を見て思うことはあると思いますが、そんなに気にする必要はありません。

なぜなら、倍率が高くても低くても対策することは同じだからです。また、本気で合格を目指して対策している人は想像よりもはるかに少ないため、数値ほど恐れる必要はありません。

倍率を気にして一喜一憂するのでなく、一問で多く教養試験の問題を解く、一枚でも論文を書く、面接対策として志望動機を考えるなどして合格の可能性を高めることに時間を使いましょう。

以上を参考に、愛知県警合格に向けた対策をはじめてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

公務員試験の指導を12年間やっています。新卒で大手専門予備校に就職→公務員課で5年間勤務、在職中に公務員試験を受験するも不合格→退職→公務員試験の勉強→国立大学法人、政令市、市役所に合格→現在、某大学の職員として7年目。 2018年6月からサイトを運営中。普段はカフェで珈琲飲んでます。

タップできる目次